うっかり忘れている人のために、今年もボジョレー・ヌーヴォー解禁ですよ!

*ボジョレーといえばフランス・パリの東南に位置する丘陵地帯 (→MAP)。

ここで毎年つくられる “ヌーヴォー(当年産のワイン)” は世界的にもとても有名で、特に日本では、毎年11月の*第3木曜日ともなると街はボジョレー一色ですね。

去年のボジョレーヌーヴォー解禁日にもこんなことを書いていましたが、

実は去年は友達にもらったボジョレー・ヌーヴォーを、なんとなくもったいなくて未だに開栓できず、”ヌーヴォー(当年産のワイン)” ではなくなってしまった悲しい赤ワインが今もリビングの棚の上に座っているわけなのですが…

 

今年も去年同様、完全に忘れていて、危うく完全に逃しかけた解禁日ですが、

幸いハウスメイトのしゅんや君がアラートを上げてくれたので、ギリギリ滑り込み!

解禁日に開栓いたしましたm(_ _)m

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a9_1118

 

 


※補足説明

第3木曜日
ボジョレー ヌーヴォーが世界で注目を集めはじめた頃、ワインの売り手たちは、いち早く出荷しようと競いはじめました。その結果、質の悪いワインも出回ってしまい、せっかく世界に認められたボジョレーの評判を落としかねないほどでした。そこで1967年、フランス政府は、ワインの品質を下げないために解禁日を定めたのです。それが11月15日。解禁されるまでは販売も飲むことも禁じました。ところがフランスは安息日に働かないお国柄で、この日が土日や祝日になると運送がストップして出荷ができなくなってしまいました。1985年、フランス政府は安息日に重ならないように配慮し再び解禁日を定めます。それが現在の「11月の第3木曜日午前0時」。日付変更線の関係上、日本では本国フランスよりも早く解禁日を迎えるのです。

http://www.suntory.co.jp/wine/special/kaikin/knowledge/ 参照

あわせて読みたい

コメントを残す