ピコ太郎の “次の一手” への姿勢が素晴らしすぎてPPAPなんてどうでもよくなってしまった

あまり話題になっていないようだけど、下記☟のピコ太郎インタビュー動画が個人的に今すごくHOTなので、その紹介と、動画の中で特に感心してしまった部分を共有したいと思う。

まずはこちらの動画を御覧下さい。(※かなりゆるいインタビュー動画なのでお時間が許すときに流し見していただければ良いと思います。)

 

めちゃくちゃふざけているけど、めちゃくちゃまじめなこと言ってると思うんです。

このレベルでドカーンとヒットしてしまうと、普通だと本人はもっとふわふわしてるとか、動揺してるとか色々ありそうだけど、ピコ太郎さんと古坂さんのこの落ち着きようというか、「たまたまだから、」みたいな姿勢は本当にすごいと思う。

動画を見ていただいた皆様は既にわりと感心されていると思うのですが、最後にこのインタビュー動画で僕が個人的に特に好きな部分を引用して終わりにしたいと思いますm(_ _)m

みんな言うんですよ、さあこの次はどうだって。いやいや、ないって。狙ってないんだから。

次の一手は注目されますけど、次の三十手まで行くとどうでもいいと思うんです。だから僕はどんどん出していきます。ただ単に私が好きなものを出した。それをたくさんの人が聞いてくれた。なので次も、今私が好きだと思うものを出す。ということにしないとドキドキして寝られないですね。明日、急にラピュタが落ちるかもしれない。でっかい鳥が急にあなたをついばむかもしれません。だから本当に、楽しい曲をやるだけ。

あわせて読みたい

コメントを残す